ロッテ戦のカテゴリ記事一覧

プロ野球ソフトバンク・ホークスを応援するブログです

カテゴリ:ロッテ戦

ロッテ戦のカテゴリ記事一覧。プロ野球ソフトバンク・ホークスを応援するブログです
No Image

ロッテ戦
23日ヤフオクでの対ロッテ戦の8回裏、栗原陵矢選手にうれしいうれしい「プロ初ホームラン」が飛び出しました。低めのスライダーを少し泳ぎながらもライトスタンドへプ…

記事を読む

No Image

ロッテ戦
16日に初めて1軍に登録された九鬼隆平選手が、26日の対ロッテ戦の7回に代打で登場。その記念すべき初打席の初球、変化球が抜けてよけようとかがんだ頭を直撃。一端…

記事を読む

No Image

ロッテ戦
16日に一軍初登録のドラフト6位ルーキーの泉圭輔投手が、早速、マリンスタジアムで行われたロッテ戦に3番手としてプロ初登板を果たしました。8回裏のロッテの攻撃は…

記事を読む

No Image

ロッテ戦
7日ヤフオクで行われた対ロッテ戦は、11対1の大勝でした。何せこれですから 柳田 4号2ラン(1回)、 デスパイネ 1号3ラン(3回)、 内川聖一 1号ソロ(3回)、 松…

記事を読む

No Image

ロッテ戦
楽天戦での大量位得点後、雨で中止の試合を挟んで臨んだロッテ戦は、大量失点。打つ方も、12安打放ちながら3点どまり。ちょっとちぐはぐな感じでした。千葉マリン独特…

記事を読む

栗原陵矢 プロ初ホームラン

23日ヤフオクでの対ロッテ戦の8回裏、栗原陵矢選手にうれしいうれしい「プロ初ホームラン」が飛び出しました。低めのスライダーを少し泳ぎながらもライトスタンドへプロ第1号。

契機になったのは、この春の自主トレで中村晃に弟子入りしたことのようです。そういえば、その時近くで見ていた和田投手も栗原選手の今季の成長ぶりを褒めていましたね。和田選手のその予言が、見事に的中したようです。

もっともその後、左肩を脱臼し出遅れましたが、脚もあるし、これからの活躍に期待が集まります。
そうそう、先日の楽天戦で美間投手のノーヒットノーランを阻止したのは、ほかならぬ栗原選手でした。

< 栗原 陵矢(くりはら りょうや)のプロフィール>
 背番号 31
 生年月日 1996年7月4日 23歳
 身長 178cm 体重 75kg
 出身地 福井県
 投打 右投げ/左打ち
 経歴 春江工業高

 ドラフト 2014年2位指名


 カテゴリ

九鬼隆平 初打席は頭へのデッドボール

16日に初めて1軍に登録された九鬼隆平選手が、26日の対ロッテ戦の7回に代打で登場。その記念すべき初打席の初球、変化球が抜けてよけようとかがんだ頭を直撃。

一端ベンチ裏に退くも、しばらくして駆け足で元気に一塁ベースへ。
九鬼君にとって忘れられないプロ初打席となりました。
9回の第二打席は、センターの好守備で、プロ初ヒットはお預けとなりましたが、1軍での初ヒットまではそうかからないことでしょう。

また、代打の後もそのまま捕手で守備に就き、高橋純平投手とフレッシュコンビを初披露。
その純平くん、7回から4番手で登板、2回を1安打無失点。4三振と好投。失点した前回はいきなり満塁での登板でしたからね。

 << 九鬼 隆平(くき りゅうへい)のプロフィール >>
生年月日 1998年9月5日
年齢 20歳
 身長 180cm 体重 81kg
 出身 大阪府
 投打 右投げ/右打ち
 経歴 秀岳館高(熊本)
 ドラフト 2016年ドラフト3巡目



泉圭輔 初登板

16日に一軍初登録のドラフト6位ルーキーの泉圭輔投手が、早速、マリンスタジアムで行われたロッテ戦に3番手としてプロ初登板を果たしました。

8回裏のロッテの攻撃は2番からの好打順でしたが、武田翔太投手を思い起こさせる角度ある真っすぐを生かし、三振、三振、レフトフライと3人できっちり抑えて見事にプロ初登板を果たしました。

特に3番中村選手を見逃し三振に打ち取ったストレートは、見事でした。
これで甲斐野、奥村、泉とルーキー3人がベンチ入りと、ちょっとしたルーキーの当たり年という模様を呈してきました。

<泉圭輔 プロフィール>
背番号 53
生年月日/年齢 1997年3月2日/22歳
身長/体重 187cm/82kg
出身地 石川県 金沢星稜大
投打 右投げ/右打ち
2018年ドラフト6位

また福田秀平選手に代わった一軍昇格を果たした長谷川選手は、いい当たりはあったものの無安打でした。
ま、チームも2安打完封負けでしたから。






 カテゴリ
 タグ

ホークス ホームラン攻勢でお返し

7日ヤフオクで行われた対ロッテ戦は、11対1の大勝でした。

何せこれですから
 柳田 4号2ラン(1回)、
 デスパイネ 1号3ラン(3回)、
 内川聖一 1号ソロ(3回)、
 松田宣 3号ソロ(8回)、
 上林 3号ソロ(8回)、
 釜元 1号ソロ(8回)、
 福田 1号2ラン(8回)

合計、7本塁打。
全2試合で7発撃たれていましたから、ちょうどお返しが出来たところです。

高橋礼投手も失点1とよく投げたし、2回目のスタメン出場を果たした釜元選手にもホームランが出たし。釜本くん、これで9日の地元長崎の日ハム戦もスタメン出場できそうです。

ただ、柳田選手がね、7回の盗塁時に足を痛めて途中退場したのが、気がかり。走塁時に左ひざに「違和感」とのことです。大したことなければいいが。。。

 カテゴリ

大量得点 大量失点

楽天戦での大量位得点後、雨で中止の試合を挟んで臨んだロッテ戦は、大量失点。
打つ方も、12安打放ちながら3点どまり。ちょっとちぐはぐな感じでした。

千葉マリン独特の「風」で、松本くんも投げづらそうだったし、「ボーク」を取られた影響もあったのかな? 3回、被安打5(本塁打2)、4失点。

長谷川選手もフェンスに激突したり、ホームラン性の当たりが前に落ちたり
散々でした。

救いは、牧原くんの猛打賞くらいか?
これで7試合連続マルチヒット?

幸い西武も負けたのでゲーム差は、4.5のまま、早く3以下の射程圏にしたいところです。

 カテゴリ
 タグ
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
タグクラウド
過去ログ
リンク集
ブログランキング
  • SEOブログパーツ
Copyright © ソフトバンク・ホークス応援ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます