楽天戦のカテゴリ記事一覧

プロ野球ソフトバンク・ホークスを応援するブログです

カテゴリ:楽天戦

楽天戦のカテゴリ記事一覧。プロ野球ソフトバンク・ホークスを応援するブログです
No Image

楽天戦
2日ヤフオクで行われた楽天戦で大竹耕太郎投手が今季初勝利。ここまで好投しながらも勝ち星に恵まれなかった大竹耕太郎、さすがにヒーローインタビューでは、涙ぐむシー…

記事を読む

No Image

楽天戦
13日仙台での楽天戦、延長10回2死一、三塁の場面で代打で起用された栗原陵矢捕手が、初球を見事にセンター前にはじき返し、見事初打点を達成。緊迫する場面でよく期…

記事を読む

No Image

楽天戦
12日の対楽天戦、ホークスが15安打の猛攻を浴びせ13−2で圧勝。打ちまくりました。特に柳田悠岐選手は、5打数5安打3打点の大活躍。34号本塁打もでて、キャリ…

記事を読む

No Image

楽天戦
2日の対楽天戦は、ホークスの猛打が爆発し、12−0 の圧勝でした。この日は、打ちまくりました。牧原くん2安打、今宮くん2安打、柳田くん3安打、中村くん3安打、…

記事を読む

No Image

楽天戦
茶谷健太選手が、たった一度だけしかないチャンス 「初出場、初打席、初安打」をやってのけました。松田に代わって途中出場の茶谷くん、6回の初打席で球界を代表する則…

記事を読む

大竹耕太郎 今季初勝利

2日ヤフオクで行われた楽天戦で大竹耕太郎投手が今季初勝利。
ここまで好投しながらも勝ち星に恵まれなかった大竹耕太郎、さすがにヒーローインタビューでは、涙ぐむシーンもありました。

これまで4試合に投げ、援護点は「3点」、失点わずかに「3」、マリーン戦では「1失点」で負け投手となり、0勝1敗の成績でしたからね。

今回も1回裏に周東、今宮くんで挙げたいわゆる「スミ1」を守り切っての初勝利だけに、感じるところがあったのでしょう。

これで流れを変え、白星を積み重ねて欲しいものです。


そうそう、援護点は「3点」は、すべて今宮くんのバットがたたき出したものだそうです。

3日の楽天戦からグラシアル選手が、緊急昇格するとのことです。後は柳田くんと中村くんがいつ戻ってくるか?







 カテゴリ

栗原陵矢 初打点

13日仙台での楽天戦、延長10回2死一、三塁の場面で代打で起用された栗原陵矢捕手が、初球を見事にセンター前にはじき返し、見事初打点を達成。

緊迫する場面でよく期待に応えてくれました。

今季は自主トレで、和田投手や中村くんからその打撃能力を高く評価されていた栗原くんではありますが、あの場面でよく打ちましたね。

現在は、甲斐、高屋に続く第3の捕手の位置だけに、なかなか活躍の場面は多くありませんが、将来が楽しみな選手の一人であることには、間違いありません。


<栗原陵矢 プロフィール>
 背番号 31
 出身 福井県 春江工業高
 身長/体重 179cm/75kg
 投打 右投左打
 ドラフト 2014年ドラフト2位




 カテゴリ
 タグ

ホークスとライオンズとのゲーム差が3

12日の対楽天戦、ホークスが15安打の猛攻を浴びせ13−2で圧勝。
打ちまくりました。特に柳田悠岐選手は、5打数5安打3打点の大活躍。
34号本塁打もでて、キャリアハイの本塁打と100打点も見えてきました。

一方の西武が、オリックスに7−0と完敗したため、ゲーム差が4→3になり
射程圏内に入って来ました。

そしていよいよ15日から西武球場での3連戦を迎えます。
ここでは「勝ち越し」が、最低条件。一気に差を詰めるチャンスです。

ホークス先発投手陣は、千賀滉大、大竹耕太郎、ミランダ、西武は、菊池雄星投手が来るのかな?

いづれにせよ「総力戦」となること必至。15日からの3連休は、パリーグが熱くなりそうです。



 カテゴリ
 タグ

ホークス 圧勝

2日の対楽天戦は、ホークスの猛打が爆発し、12−0 の圧勝でした。

この日は、打ちまくりました。
牧原くん2安打、今宮くん2安打、柳田くん3安打、中村くん3安打、グラシアル2安打、上林くん3安打と6人で15安打ですから。

なかでも牧原くん5試合連続、今宮くん4試合連続のマルチ安打と絶好調。

それにここにきて上林くんの打撃が上向き、ヒット、3塁打、本塁打と大暴れ。なんとも頼もしい。

これで連敗した西武とのゲーム差が、「4」になり、背中がだいぶ大きくなってきました。

さて、4日からのロッテ戦、7日からのオリックス戦、取りこぼしのないようにいきたいところです。



 カテゴリ
 タグ

茶谷健太 初出場、初打席、初安打

茶谷健太選手が、たった一度だけしかないチャンス 「初出場、初打席、初安打」をやってのけました。

松田に代わって途中出場の茶谷くん、6回の初打席で球界を代表する則本投手から初球のカーブをレフト前へ、プロ初安打。

記憶に残る一打となりました。

茶谷選手は、神奈川県出身、高校は山梨の帝京第三高等学校、高校時代4番エースとして活躍するもホークスに入って野手に転向、50メートル6秒、遠投110メートルの強肩とポテンシャルの高い期待の選手です。

高校時代は、エースとして過ごしたが、昨年一年でサードを守れるレベルに達したということからも、その身体能力の高さがうかがえます。

将来が、楽しみです。

一方、先発の武田翔太投手、5回2アウトランナーなしから2失点。
まだまだ、修正が必要なようです。

また8日の楽天戦でのプロ初登板を楽しみにしていた古谷優人投手、、残念ながら登板はありませんでした。
観たかったけどね。


< 茶谷健太プロフィール >
 背番号 55
 1998年1月16日生まれ
 185cm 81kg
 右投げ/右打ち
 神奈川県
 2015年 ドラフト4位



 カテゴリ
 タグ
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
タグクラウド
過去ログ
リンク集
ブログランキング
  • SEOブログパーツ
Copyright © ソフトバンク・ホークス応援ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます